ネット広告運用者におすすめな転職エージェント・サイト・SNS13選

インターネット広告運用者におすすめな転職サイト・エージェント

※本記事には一部PRを含みます

ネット広告運用者が転職する時、どのような転職エージェント・サイトを利用するのが良いのでしょうか。

この記事では約9年間ネット広告代理店で広告運用をやってきて様々な転職サイトやエージェントを使ってきた僕がおすすめな転職エージェントやサイトをまとめました。

それぞれの特徴なども解説したので良ければ参考にしてみてください。

複数の転職サイトやエージェントを併用しながら効率的かつあなたにあった転職先を見つけられるといいですね。

本記事は下記のような人におすすめです。

・インターネット広告運用者として次のキャリアを歩むために転職をしたい人
・ネット広告運用者におすすめな転職エージェントやサイトとそれぞれの特徴を効率的に把握したい人

目次

ネット広告運用者におすすめな転職サイト・エージェントの選び方

ネット広告運用者におすすめな転職サイト・エージェントの選び方

転職活動をするときは基本的には現職で働きながらやるのが一般的。

世の中に様々なサイトやエージェントがありますがそれらすべてをつかうというよりは厳選すべきです。

転職エージェント・サイトの選び方として最低限意識すべきポイントをまとめました。

転職エージェント担当者は専門性の高い人・経験豊富な人にしてもらう

転職エージェントと一言で言っても、当然担当者によって質や経験している業界、人材が異なります。

希望業界や転職先への経験値が高い人もいますが、経験値が浅いうちに転職エージェントを使おうとすると新卒に毛が生えたくらいの人をアサインされる人もいます。

アドバイザーは基本的にあとから変更が可能なので、希望する業界に精通している人にしましょう。

僕もインターネット広告代理店から事業会社に転職した経験のあるキャリアアドバイザーにしてくださいと要望を出して変えてもらいました。まあ、初めから出してくれればそれに越したことはないんですが、、、

人生の選択を左右する転職です。

妥協せずによいキャリアアドバイザーと巡り合えるとよいですね。

求人の質と量

初めての転職の時はまずはどんな求人があるのか量を見るのがよいと思います。

見ている求人の中から興味のあるなしを振り分けて行って共通項を探していくと自分の転職の軸が見えてくることもあります。

明確にどういった業界・職種に転職したいというのが決まっている人であればそういった要望を明確にエージェントに伝えればそれにあった求人を紹介してくれます。

あなたが希望する条件の求人の多さや質をいろいろなサイトを見て比較してから精査するのがおすすめです。

逆に、明確に詳細に決まっているのであれば、自分で企業のホームページを見て直接応募するのも手かと思います。

(エージェントサービスを利用したい場合は)サポート体制の充実度

転職エージェントといってもどこまでサポートしてくれるかはエージェントによって異なります。

例えば、別途紹介しているdodaは転職前だけではなく、転職後サポートのようなサービスも開始しています。

エージェントによってサービス内容に違いがあるのでサイト上や面談時に確認しましょう。

希望する業界・職種の求人が豊富にそろっているか

利用する転職エージェント・サイトにそもそもあなたが希望する求人が載っていなかったりすると登録しても無駄になってしまいます。

あなたが希望する求人がしっかり載っているのかを確かめてからそのエージェント・サイトを活用しましょう。

ネット広告運用者におすすめな転職エージェント7つ

ネット広告運用者におすすめな転職エージェント

それぞれのおすすめポイントをまとめたので、いろいろ使って精査するか気になるものだけ使ってみて自分に合うものを選んでみてください。

doda【サイト&エージェント/総合型】

dodaは転職サイトもありますしエージェントサービスもある転職サービス大手。

エージェントサービスを利用しているときに、転職サイトに載っている求人についてもエージェントに聞くことができますし、エージェント側でしか持っていない非公開求人も紹介してくれます。

僕は新卒4年目くらいの時と8年目の時にエージェントサービスを利用したのですが、4年目の時はまだキャリアが浅かったからか若手のエージェントさんで正直いまいちでした。

ただ、8年目の時はネット広告代理店からマーケターを志望する人を何人か経験したベテランの方に担当してもらえてかなり満足度が高かったです。

ネット広告代理店から事業会社に行くためにはこういうポイントに気を付けて職務経歴書を書いたほうが良いというのを丁寧に教えてくれたのでありがたかったです。

そのおかげもあってか、書類審査はほぼ落ちませんでした。

また、dodaには転職後のサポートの機会があり、転職者限定のオンラインイベントや転職後の悩みを相談できる機会なども設けられています。

初めての転職で入社後のサポートも欲しいと考える方はdodaを活用してみてもいいかもしれません。

転職サイトに掲載されている求人数/エージェントが紹介してくれる求人数は圧倒的で質も一定担保されている
・転職後の悩み相談などができるサポート体制があり初めての転職でも安心

専門性の高くないアドバイザーが紹介される可能性もあるため、合わなければ担当変更依頼を出す必要あり

マスメディアン【エージェントサービス/WEB・マスコミ】

マスメディアンは宣伝会議グループが運営する転職エージェントで、インハウス広告運用など広告関連の求人が充実しています。

広告運用者から引き続き広告関連で経験を積んでいきたい方におすすめ。

広告・マスコミ関連特化の転職エージェントとしては日本最大規模の求人数を有しています。

広告/マスコミ業界に精通していて情報が豊富にそろっている
・広告関連特化のサービスで国内最大最大規模の求人数

専門領域外の求人を探すには他エージェントと併用する必要がある
・東京/大阪/名古屋/福岡などの都市圏中心で地方の求人は少なめ

マスメディアンについては下記記事で詳しく書いているのでよければこちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
マスメディアンの評判は?【広告・WEB・マスコミ関連の転職に必須のエージェント】 広告・WEB・マスコミ関連への転職を考えている人の多くが検討しているマスメディアン。 この領域での専門性を持ったエージェントでは日本最大級の規模になっているので...

JACリクルートメント【エージェントサービス/ミドル・ハイクラス向け】

JACリクルートメントは日本最大級のミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェント。

年収600万~1,500万程の高年収での転職を実現したいなら登録必須です。

日系の大手や外資、メガベンチャーといったハイクラス求人が豊富にそろっているので年収アップや難易度の高い求人にチャレンジしたい方におすすめです。

年収600~1500魔年以上のミドル・ハイクラス転職求人に特化しているため、年収UPのために効率的に転職活動ができる
・業界毎のスペシャリストが在籍しており専門性も高い

20代前半の方や社会人経験が浅い人には不向き

MyVision【コンサル業界特化】

MyVisionはコンサル業界に転職したエージェント。

ンサル転職はケース面接など特殊な対策が必要になるので、コンサル転職したい方はコンサル特化のエージェントをひとつは利用しておきましょう。

エージェント担当者もコンサル経験者やコンサルで人事をやっていた方が豊富に在籍しているのでコンサルで働く時のリアルな話も聞くことができます。

・外資や国内の人気ファームなどコンサル業界の転職に強い
・コンサルに特化したケース面接や書類選考に強み

コンサル転職は対策が重要になり他業界・職種への転職より時間がかかるため、根気とコンサルに本当に転職したいという熱意が必要

MyVisionについては別記事で詳しく説明しているので、コンサル企業が気になっている方はこちらを読んでみてください。

あわせて読みたい
「MyVision(マイビジョン)」の評判は?【コンサル特化型転職エージェント】 経験者はもちろん、未経験者からもコンサルティング転職は人気でその中で利用を検討したいエージェントのひとつがMyVision。 しかし、コンサル転職経験のない方はMyVisi...

Geekly【WEB/IT/ゲーム業界特化】

ギークリーはWEB/IT/ゲーム業界に特化した転職エージェント。

エンジニアやクリエイターに精通している印象がありますが、業界自体に強みを持っているので営業やマーケターとしての転職にもしっかり対応してくれます。

WEB・IT・ゲーム業界・職種に強みを活かして書類選考や面接対策をしてくれるので効果的なアドバイスをもらうことができ、面接通過率や決定率が高くなる傾向にあります。

WEB・IT・ゲーム業界・職種に強く効率的に情報収集が可能で内定率が高くなる傾向
・年収UP率が80%以上と高い

専門領域外の求人を探すには他エージェントと併用する必要がある
・地方の求人は少なめなので都市圏に転職したい人向けのサービス

UZUZ(ウズキャリ)【20代特化】

UZUZ(ウズキャリ)は20代特化の転職エージェントで未経験転職やスキル・キャリアに不安な方におすすめ。

広告運用のスキルを活かすのではなく、営業職やエンジニア職などの未経験職種にチャレンジしたい方は利用を検討してみてください。

また、ITエンジニアに転職したい方は、プログラミングスキルを学びながらその知識を活かして転職できるようなサービスもUZUZが展開しています。

こちらについては下記記事内でもまとめいるので良ければこちらを読んでみてください。

あわせて読みたい
UZUZ(ウズキャリ)の評判は?【20代特化&手厚いサポートが魅力】 20代に特化した転職エージェントUZUZ(ウズキャリ)のサービス内容や利用メリットなどを調査しました。 結論、ウズキャリは20代で未経験転職を実現したい人や初めての転職...

・個人の平均対応時間は20時間と他転職エージェントよりも丁寧な対応が魅力
・20代の未経験/スキルやキャリアに不安な方の転職に強い

・30代の方の利用は難しい
・丁寧すぎる対応なため求人紹介だけしてほしいというような人には不向き

マイナビ転職エージェントサーチ【良い会社が見つからない場合】

もし上記でよい転職エージェントが見つからなかった場合はマイナビ転職エージェントサーチを活用してみてください。

転職エージェントを効率的に探せるだけでなくスカウトも届くので一石二鳥です。

転職エージェントを幅広く探してよりよい担当者を見つけていきたい方におすすめです。

転職エージェント探しと企業/エージェントからのスカウトを受け取れるため効率的な転職活動がしやすい
・エージェント担当者の経歴や得意分野などを確認しながら自分にあった担当者を探せる

転職時の希望年収550万以下の方には不向きで条件にあった求人が探せない可能性がある

マイナビ転職エージェントサーチの概要や利用メリットを詳しく知りたい方は下記記事も読んでみてください。

あわせて読みたい
マイナビスカウティングの評判は?【あなたにあったエージェント探しができるサービス】 転職エージェントを探すときに 転職エージェント探しって面倒 エージェント会社ではなく人単位で相談する人を決めたい という方は多いです。 マイナビスカウティング(旧...

ネット広告運用者におすすめなスカウト型転職サービス4つ

ネット広告運用者におすすめなスカウト型転職サービス

ビズリーチ【ヘッドハンティング/ハイクラス向け】

ビズリーチはレジュメを登録しておくと企業やヘッドハンターから直接声のかかるサービス。

自分の職務経歴書を書いておけば企業やヘッドハンターから声がかかります。

有料会員登録もありますが個人的には無料で十分だと考えてます。

通常のスカウトとプラチナスカウトというのがあり、有料にならないと通常のスカウトが見られない形になっていますが、通常のスカウトはその後の採用につながる可能性が低いと思います。

プラチナスカウトだけを見ておけば十分でしょう。

職務経歴書をアップしておくだけであなたの経歴にどんな人が興味を持ってくれるのかがわかる

転職サポートの機能は有料会員にならないと無いため、サポートしてほしいなら他サービスと併用推奨

ビズリーチの概要は下記記事に記載しています。

30歳以上のキャリアを積んだビジネスパーソンにおすすめなサービスだと思われがちですがそんなことはありません。

20代、社会人3年目以降くらいからの利用がおすすめです。

僕自身は社会人3年目以降から活用していて自分が知らなかった質の高い求人をスカウトによって知ることができ満足しています!

あわせて読みたい
ビズリーチは20代でも利用可能?おすすめな年代と利用方法まとめ ビズリーチは年収1,000万以上のハイクラス転職用だというイメージもあって20代で登録してよいのか迷いますよね。 しかし、中身を見てみると年収1,000万以上の求人は3分...

bloom【スカウト型/大企業中心】

Bloomは大手企業への転職に特化したサービスで職務経歴書を登録しておくと企業から面接依頼が届くサービス。

自分で求人を探さなくても、あなたにマッチした求人が出てあなたに興味があれば企業から面接の依頼や書類選考の依頼が届きます。

半年に一度職務経歴書をブラッシュアップして登録しておくと大手企業から求人情報が届くかもしれません。

職務経歴書を登録しておくだけで厳選された大手企業から面接や書類選考の依頼が届く

企業から連絡が来たからと言って必ずしも面接に進めるわけではないので注意。何の連絡も来ない場合もあります

キャリオク【スカウト型/大手中心】

キャリオクはSBヒューマンキャピタル株式会社が運営する、独自のキャリアシートをアップしておくと面接依頼などが来るサービスです。

求人数は少ない印象ですが、大手企業から高い年収での面接予約も多く入りました。

また、ソフトバンク系列の人材会社だからか、ソフトバンク関連の求人もよく来るのでそのあたりに就職したい人にもおすすめ。

面接依頼で送られてくる求人の質が高く、自分の意向にあった求人から比較的連絡が来る

求人の量としては少ない印象のため、他サイトとの併用を推奨

AMBI【スカウト型】

AMBIは大手からスタートアップまで多彩な求人を受け取れるスカウト型のサービスでエン・ジャパン株式会社が運営しています。

どんな企業が自分に興味を示してくれてどれくらいの年収で転職できそうかという相場観を確かめるのによいサービスだと思います。

自分の合格率が出るようなサービスもあるので気になる求人でぜひ試してみてください

スカウトをいただく回数が比較的多く、知らなかったけど面白そうだなと思える求人に出会えるので、今から転職を始めようとする人や自分の市場での相場観などを知りたい人におすすめ

スカウトが多い分、関心のない求人からもそこそこスカウトが来てしまう可能性

ネット広告運用者におすすめな転職SNS2つ

ネット広告運用者におすすめな転職SNS

LinkedIn【求人SNS/外資向け】

LinkedInは日本で使っている人の割合は多くないかもしれませんが、外資系に行きたいと思うなら必須で登録しておきたいビジネスSNSです。

英語のレジュメを登録しておくとけっこう求人がきたりするので英語ができる人(具体的にはTOEIC800点くらいある+日常会話くらいは最低できるとうれしい)は登録しておくとよいでしょう。

僕にも外資系の旅行予約サイトやフードデリバリー系、広告配信プラットフォーム会社などの求人オファーがきました。

外資系の媒体社の求人もいくつかありどれもオファーの年収は高かったので外資に行きたい人や年収を上げたい人は登録しておいてもよいでしょう。

外資系企業から連絡が来て日本の転職サイトでは見つけられない求人情報が得られる

英語ができないと求人が来ないかもしれない&英語で書いたとしても何の連絡ももらえないことも。

Wantedly【求人SNS/ベンチャー・中小多】

Wantedlyは働くを面白くするSNSというコンセプトで展開されるSNS型の求人サイトです。

大手の転職サイトはリクナビNEXTやdodaが有名ですがこういったところとは少し毛色の違う求人が見られるので気に入っています。

また、他サイトにはない働く人の顔が見えたり会社の雰囲気が掴みやすいような記事を各社工夫して書いているので入社のイメージも比較的沸きやすいです。

・大手転職サイトとは異なる求人が掲載されている
・各社工夫して記事が書かれており社内の雰囲気や転職後のイメージがわきやすい

・求人数は大手転職サイトと比較して少なめ(2023年4月のIR資料だと約3.8万社)
・エージェントサービスはないのでアドバイスが欲しいのであれば他と併用する必要がある

ネット広告代理店・広告運用者の転職が多い業界・職種

転職したいけど、そもそもどんな業界・職種にチャンスが知りたいという方もいらっしゃると思います。

ネット広告代理店、またはネット広告運用者からの転職が多い業界・職種を8つピックアップしました。

業界・職種選びの参考にしてみてください。

難易度もざっくり書きましたが、会社や求人でどの程度のことが求められていることも違ってきますので参考程度に確認してみてください。

スクロールできます
業界・職種難易度よくある転職理由例
総合代理店中~高ネット広告運用だけでなくCMなどの
認知施策に手を広げていきたい
インハウス
広告運用
事業会社の中で事業の数値を確認しながら
事業成長を意識して仕事をしていきたい
インハウス
マーケター
インターネット広告にとらわれず、
企業のマーケティング全体を見ていきたい
WEBマーケティング中~高インターネット広告にとらわれず、
様々なインターネット上でのマーケティング施策を実行できるようになりたい
ツールベンダー計測/分析ツール、CRMツールを通してネット広告以外の
観点でマーケティング支援をしたい、業務の幅を広げたい
コンサルティング経営・事業戦略などの上流からマーケティングを
俯瞰的に見れるようになりたい
媒体社・メディア中~高特定の広告配信媒体・メディアを活用して
認知から獲得までのプロモーションを実施したい
インターネット
広告代理店
低~中現状やっているネット広告運用者としての業務の幅を広げたい、
異なるジャンルのネット広告運用をしたい

別記事でもう少し詳しく書いているのでよければこちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
インターネット広告代理店からのよくある転職先8選 ネット広告代理店で勤務しているけど、その後のキャリアをどうしようと考えたことはありませんか? 僕はインターネット広告代理店で約9年勤務しましたが、現在は転職し...

【まとめ】あなたの志向性・希望条件に合わせて複数のサイト・エージェントを併用するのがおすすめです

本日紹介したサイト・エージェントにすべて登録する必要はありませんのであなたが気になるものや条件に合いそうなものを選んでみてください。

僕は転職活動時にエージェントやスカウトサービス、SNSを併用しながら使っていました。

転職のタイミングや希望度によってもどのサービスを使うか異なってきます。

例えば下記のような使い分けを僕はしていました。

タイミングやることおすすめサービス
今すぐ転職はしないので
情報収集したい
スカウト型サービス/SNSに登録してどんな
求人が自分に興味を示してくれるか、
どんな求人があるか把握する
スカウト型サービス
ビズリーチ
Bloom
キャリオク
AMBI


■ビジネスSNS
Wantedly
LinkedIn
転職活動を具体的に
検討したい
転職エージェントに登録して
転職の準備を具体的に進め

最終的に利用するエージェントを2~3社に絞る
各種転職エージェント
サービスに登録

はじめから転職エージェントに登録してもよいのですが、エージェント側も今すぐの転職者でないと身が入らなかったりするので注意が必要です。

1年後など少し離れた期間で転職検討したいのであればスカウト型転職サービスやビジネスSNSに登録して企業からのオファーなどの状況を確認しておくのがおすすめです。

あなたの現在の転職希望度や志向性などを加味して、よりよい転職先を見つけるためにどれを使うのが良いか考えてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元ネット広告代理店勤務で現在はとあるサービスのWEBマーケ職。代理店から事業会社への転職経験をもとにブログを書いてます

コメント

コメントする

目次