20代で会社を辞めたいときに考えるべきこと【冷静に考えて行動しよう】

20代で会社を辞めたいときに考えたいこと

※本記事には一部PRを含みます

20代で会社を辞めるときはほとんどの人にとって初めての転職になるので本当に今辞めるべきなのか迷いますよね。

僕も20代で転職活動をしたときはほんとうに今辞めてしまって後悔しないか、そもそも自分が転職なんてできるのかと不安でした。

この記事では、僕の20代での転職活動で感じた経験などを踏まえて会社を辞めるべきかの判断軸やどのように解決していけばいいのかについてのアイディアをまとめました。

この記事は下記のような人におすすめです。

・20代で会社を辞めてもいいのかどうか悩んでいる
・会社を辞めるべきかどうかの悩みを解決する方法を知りたい

※本記事は一部PRを含みます

目次

【結論】20代で会社を辞めても問題ない理由

可能

20代で転職する人は結構いる

20代で転職する人がたくさんいるから辞めるべきということはありませんが、もし20代で退職して大丈夫かなというような考えがあるなら改めましょう。

データを見ても20代後半でも5人に1人以上が離職している現状があります。

年代離職率【%】
20~24歳39.2
25~29歳20.7
30~34歳14.1
e-Stat「雇用動向調査年次推移」より引用

年功序列というような考え方が徐々に薄れてきた現代ではそこまで珍しいことではありません。

むしろ、実際に社会に出て仕事をして本当にやりたいことや本当の価値観に気づいたことでチャンスがあれば転職しようと考えている人が多いのかもしれませんね!

未経験転職をしたいなら20代がラストチャンス

30代になったら絶対に未経験転職が難しいということではありませんが、20代の方が未経験での転職にチャレンジしやすく、それを受け入れてくれる環境も整いつつあります。

30歳になると特定のスキル・経験が求められるので、即戦力としての期待がかかります。

未経験なら若くてまだ何物にも染まっていない柔軟な人間の方が会社のカルチャーに合わせやすく長期で働いてくれるイメージが湧くため、未経験なら20代の方がよいとなるのは至極当たり前です。

辞めたいと考えながら仕事をしていても無駄な時間に

退職したい、辞めたいと考えながら仕事をしていては目の前の仕事に集中できず、周囲との差が開いていった焦りなどが出てしまうかもしれません。

その状態が長く続くともうどうしようもなくなってしまい、結局現職に残るか、年収を下げてでも転職するかみたいなどん底になっていってしまう可能性もあります。

無駄な時間をだらだらと過ごしてしまうよりは20代だろうと早く転職して切り替えた方がいいと思います!

20代で会社を辞めたい人の良くある理由

会社を辞めたい理由

他の20代はどのような理由で会社を辞めていったのでしょうか。

多くの理由はこの中のどれかに当てはまると思います。

他にやりたいこと・実現したいことがある

現在やっている仕事が現職の部署や他の部署でもできない場合、転職はひとつの有力な候補になります。

会社内にやりたいことを実現できる環境がないのにそこでやり続けていても一向にできるようになりません。

やりたいこと・実現したいことの目標のために頑張って一歩踏み出しましょう!

仕事が激務過ぎて仕事以外の時間を使えない

残業時間が36協定を超えているなどがあれば退職を検討してもよいと思います。

もちろん、激務でも得られるものがあるから残っている人や20代は圧倒的に成長するためにがむしゃらに働くというのは世界の多くの経営者や日本の起業家も実践していることなのでありだと思います。

しかし、激務過ぎて嫌だと考えるのであれば転職を検討すべきでしょう。

将来性を感じない

会社の事業に将来性を感じず、売上がなかなか上がっていない、今後新しいビジネスに参入したりする気概もないというような産業・企業にいては必要なスキルや経験が身につかず、新しいチャレンジもできません。

とはいえ、生き残りをかけて面白いビジネスを仕掛けている企業もあるので、衰退産業だからといってまったくダメかと言われればそうではないのでそこは見極めが必要です。

特定の会社に長期で働きたいと考えている人にとっては将来性を感じることができないのに働き続けるのはかなりしんどいです。

不安を抱えながら仕事をしていくことになってしまうので、退職をしてあなた自身が将来を自分で切り開いていけるようなスキル・経験を身につけたいですね!

給与が上がる見込みがない

今働いている3つ上、5つ上の先輩の給与はどの程度になっているでしょうか。

将来的に増えそうなのかどうかは先輩方の給与水準を見ればだいたいわかります。

先輩や上司の給与を見てあまり増えていない、自分がもらいたい給与水準に達することが難しいと感じるのであれば会社を変えないとなかなか給与は上がりません。

職場の人間関係が合わない

平日の長い時間を仕事に使います。

人間関係があまりよくないと仕事に行くのも億劫になりますし、仕事では何かしら他者との連携が必要になるのでプロジェクトがうまく進まなかったり滞ってしまう可能性もあります。

集まっている人は社風によってや新卒文化なのか中途ばかりなのかやどの程度の成長を目指しているのか、業界などによっても変わってきます。

自分自身の性格や今までの仕事経験をもとにどんなカルチャーの企業に入ると良さそうか考えてみてもよさそうです!

20代で会社を辞めたいときの対処法

20代で会社を辞めたいときの対処法

本当に現職を辞めるべきかを冷静になって考える

現在の会社を辞めたいと思ったきっかけはどこにありますか?

上司に怒られた、大きなミスをしてしまったなど一時的な感情で辞めたいと考えているのであれば一度踏みとどまって冷静に考えてみましょう。

一時的な感情での退職は後々後悔につながります。

現職に残るメリットと転職するメリットを洗い出してどうすべきなのか冷静に判断したいですね!

退職の判断に活用できそうな書籍を読んで解決のアイディアを探る

転職について考えるときには、先人の知恵を借りるために書籍で情報を仕入れて判断に使うのもおすすめです。

転職についてどのように考えればいいのか、事前にどのようなことを考えておくべきで判断基準をどこにもつべきかなどのアイディアを得ることができます。

下記記事でおすすめな転職に関する書籍をまとめているのでよければこちらも読んでみてください。

でじあど転職
はじめての転職前に読んでおきたい本7選【悩み解決のアイディアが見つかります】 | でじあど転職 【でじあど転職】では、はじめての転職前に読んでおきたい本についてまとめました。キャリア形成の考え方から具体的な面接や職務経歴書のノウハウまで様々な情報を得られる...

社内転職で解決できないかを検討する

キャリア形成・スキルアップのための積極的な転職は今やスタンダードな考え方になっています。

しかし、あまりにも転職回数が多くなると、この人はあまり長く会社にいてくれないかもしれないと考えるようになり、その後の転職に影響を及ぼす可能性もあります。

また、不必要に転職回数を増やす意味もありません。

社内に残って配置転換などでの社内転職を実現してキャリアを広げている人もいます。

社内転職という選択肢を排除せずに本当に転職すべきかどうかを考えたいですね!

休暇を取って自分と向き合う

普段業務で忙しいと冷静に自分がどうしたいのか、しっかりと向き合えていないかもしれません。

有休などを使って少し自然の中に行ってみたり一人旅をしてみたり、ゆっくり温泉につかったりして見ながら将来の自分について真剣に考えてみましょう。

もしかしたら休暇を取って少し仕事から離れれば冷静になって今抱えていた悩みなんて大したことないと思うかもしれません。

転職活動をしてみる

転職を実際にしなくても、転職活動をしてみてどんな企業・求人があるのかを見てみるとより深く転職すべきなのかどうか判断できるようになるかもしれません。

転職活動を行うことで今までの自分のキャリアと向き合ったり志望動機などを考えてたりしていく中で本当に自分がやりたかったことや大事にしたいことなどに気づけるかもしれません。

しかし、だらだらと転職活動を行うのは禁物です。

転職活動はやってみると意外と大変なので現職での仕事があるなかでやると疲弊してしまい余計どうしていいのかわからなくなってしまうかもしれません。

できれば転職活動を行う期間・期限を決めて試してみるのがいいでしょう。

転職をしてみるならエージェントを活用するのがおすすめです。

転職活動について相談をしたり、スケジュール調整など代行してくれたりと余計な工数を削減して転職活動ができるようになりますし、様々な求人情報を得られることによってより転職がリアルに感じられると思います。

あわせて読みたい
20代におすすめな転職エージェント14選【状況別に合わせたエージェントを紹介】 20代は初めての転職の方も多く、転職エージェントを使うべきなのかどうか、どうやって選べばよいのか迷う方も多いのでは。 僕も、20代で転職活動を2回やりましたが、エ...

転職エージェントに登録するのではなく、とりあえずどんな求人があるのか知りたい、どんな企業が自分に興味を持ってくれるのか知りたいという方はスカウト型の転職サイトに登録しておくのがおすすめ。

職務経歴書などをアップロードしておくだけであなたのキャリアに興味のある企業が声をかけてくれます。

スカウト型転職サイトに登録したい方は下記記事でおすすめなサイトを書いているのでよければこちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
20代におすすめなスカウト型転職サイト7選【職務経歴をアップするだけで市場価値が分かります】 あなたの市場価値がどの程度なのか、どんな企業があなたに興味を持ってくれるのか気になりませんか? 職務経歴をアップロードしておくだけで市場価値を測れたり転職の情...

キャリアアドバイザーに相談する

転職エージェントにも相談できますが、基本的には求人マッチングしないとお金にならないため、求人紹介が絡んでくることが多いです。

まだ求人紹介が早いと感じたり、そもそもの仕事の悩みを相談したいと思ったらキャリアアドバイザーに相談するのもおすすめ。

キャリアアドバイザーへの相談はお金がかかりますが、求人紹介はなく、あなたの悩みを解決していくことで評価を上げていかないと次の仕事につながらないのでしっかりとプロとして向き合ってくれます。

キャリアアドバイザーを探すならCoacheeというサービスで探すことができます。

それぞれのアドバイザーがどんなキャリアを歩んできたのかや実際にサービスを受けた人の評価やレビューなどを見たうえで相談する人を選べるのも安心感があっておすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元ネット広告代理店勤務で現在はとあるサービスのWEBマーケ職。代理店から事業会社への転職経験をもとにブログを書いてます

コメント

コメントする

目次