はじめての転職は20代で経験しておくべき理由

はじめての転職活動は20代でしておくべき?

※本記事には一部PRを含みます

20代での転職は経験も浅く、本当に今転職をすべきなのか迷うことも多いです。

あなた自身が転職を考えていなかったとしても、周囲がどんどん転職をしていって本当にこのままこの会社に居続けてもよいのかと不安になることもしばしば。

スキルや経験についてもこの会社で働いていて本当に大丈夫なのかと不安になることも多々あると思います。

このような不安や焦りのある方はぜひ転職活動を行ってみてください。

転職活動を通して、自分のやりたかったことや市場価値が理解でき、地に足の着いた行動ができるようになります!

転職活動をしたからといって絶対に転職しなければならないということはないのでぜひ一度やってみてください。

本記事は下記のような人におすすめです。

・今やっていることが本当に将来につながるのかどうかわからない人
・20代の同期や先輩、後輩がどんどん転職して自分はこのままでよいのかと不安な人
・転職しようかどうかよっている人

目次

はじめての転職は20代で経験しておくべき理由

はじめての転職は20代で経験しておくべき理由

多少経験が浅くても伸びしろや企業文化とのマッチ度を重視してくれる

20代での転職者は、経験だけでなく伸びしろや企業文化とのマッチ度を確認して中長期で活躍できそうかを見られています。

また、未経験転職についても20代であれば寛容に扱ってくれることは多いです。

・今の仕事よりも他の仕事にチャレンジしたい
・少しスキル/経験が足りていないと感じているけどチャレンジングな仕事にチャレンジしたい

などを叶えて転職できるのは20代がチャンスです。

20代で身についた仕事の考え方・スタンスがその後のキャリアの基礎となる

20代で身についた仕事の考え方やスタンスなどビジネスパーソンとしての基礎がその後のキャリアの土台となります。

20代でゆるゆる仕事をしていたり、何の責任もなくただ毎日を過ごしたりしていると30代には大きな差が開いています。

少しでも今の環境がまずいと感じるなら20代のうちにより厳しい環境に飛び込んでおきましょう!

転職活動を行うことであなたの市場価値がどうなっているかを把握できる

転職活動をしたからといって必ず転職しなければならないというものでもありません。

転職活動を行うことによってあなたの市場価値やあなたが描いていきたいキャリアを実現するためにどのようなスキル/経験が必要なのかが分かり目標が明確になります。

市場価値を把握しないままにしておくとあなたが身に着けているスキル/経験がどのように評価されるのかが分からず、いざ30代で転職しようとしたときに厳しい現実を突きつけられるかもしれません。

本来は転職エージェントなどに登録して話を聞いてみるのが良いですが、とりあえずの第一歩としてはスカウト型転職サイトに職務経歴書を登録しておいてもよいでしょう。

スカウト型転職サイトに登録することであなたのスキル/経験が市場からどの程度評価されるのかがざっくり分かります!

別記事でスカウト型転職サイトについて書いているので良ければ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
20代におすすめなスカウト型転職サイト7選【職務経歴をアップするだけで市場価値が分かります】 あなたの市場価値がどの程度なのか、どんな企業があなたに興味を持ってくれるのか気になりませんか? 職務経歴をアップロードしておくだけで市場価値を測れたり転職の情...

20代前半と後半での転職の違い

20代前半と後半の 転職に違いはある?

20代前半と後半では人事からの見られ方も変わってきます。

20代前半・後半でのそれぞれの転職のメリット・注意点をまとめましたが、

【20代前半】未経験・第二新卒という見られ方
【20代後半】社会人経験3年以上あり基礎的なビジネススキルや多少の専門性が身につき始めている

というような見られ方になります。

どちらもまだまだ経験・スキルが足りないというところでは共有していますが程度が異なります。

20代前半での転職のメリット・注意点

20代前半での転職のメリット・注意点は下記になります。

仕事をやっていく中で異なる職種にチャレンジしたくなった場合は早いタイミングでの決断が良いでしょう。

スキルがなくても転職しやすい(熱意とかまじめさとかポテンシャルの高さで採用してくれる)
・職種チェンジがしやすい
早く自分のやりたいことにチャレンジでき、失敗しても切り返しやすい

・職務経歴書に書けるような業務内容やアピールポイントがない
・仕事を開始して数年で得た専門スキルが活かせなくなる可能性
・役職がつくのに時間がかかる可能性
・ネガティブな印象を持たれる可能性

別記事で20代前半での転職のメリット・デメリットについてまとめているので良ければこちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
20代前半での転職のメリット・デメリット【悩んだときに考えるポイントも解説】 新卒として会社に入ってまだ3年も経ってなくてまだまだビジネス経験もないけど転職できるのだろうかと悩んだことありませんか? 僕も新卒4年目(26歳)の時に一度転職活動...

20代後半での転職のメリット・注意点

20代後半での転職のメリット・注意点は下記になります。

20代後半は、20代前半の時と比較するとスキル/経験が求められます。

未経験転職も可能ではありますが20代前半と比べると、未経験だったとしても現職で活かせるスキルや経験をしっかりと話せないとなかなか厳しいでしょう。

・未経験転職の最後のチャンス
・専門性を活かして年収UPの転職も可能
・30代に入るとプライベートでのことが気になって転職しづらくなる人も
・20代後半はスキル・経験も求められるがぎりぎりポテンシャル評価してもらえる場合も

・20代前半と比べると未経験転職がしづらい
・20代前半の時よりもスキル・経験が一定求められる
・現職で役職や大きなプロジェクトが任せられるようになるチャンスが来る可能性

20代後半での転職の・メリット・デメリットについては下記時でもまとめているので良ければこちらを合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
20代後半での転職のメリット・デメリット【経験・実績が求められ始める年代】 20代後半での転職は可能なのか、もっと経験を積むべきなのではないかと不安になる方もいると思います。 しかし、しっかりと対策すれば20代後半の転職は十分成功できます...

20代初めての転職活動の始め方

20代初めての 転職活動の始め方

20代はじめての転職だとどのように始めればよいのかわからない方もいるかと思います。

概ね下記10ステップで行っていきます。

STEP
転職活動のスケジュールを決める

いつまでに転職をするのかを確定させないと、いつかできればよいかとダラダラしてしまい結局決まらない可能性もあります。

STEP
自分のキャリアの棚卸を行う

自己分析やあなたのキャリアの中で何を得てきたのかが棚卸できていないとその後の準備に躓きまず

STEP
転職における判断基準を明確にする

業務内容、待遇、業界などあなたが転職に求める譲れない条件と優先順位を明確にしましょう

STEP
職務経歴書を書く

職務経歴書が通らないと転職活動で内定が取れません。面接での質問のベースにもなる重要な準備です

STEP
転職エージェント・サイトに登録

初めての転職活動であればエージェントに登録して、職務経歴書の添削や企業の情報収集、スケジュール調整などをサポートしてもらうのが無難です

STEP
企業・業界分析をする

スキル/経験以外にもどれだけ企業のことを調べてきているかもアピールポイントになります。ミスマッチ防止にもつながります

STEP
面接で想定される質問の準備をする

どのような質問がされるのかを事前に想定して考えておくことで当日冷静に話をすることができます

STEP
実際に職務経歴書を出して面接に進む

仮に書類選考や面接に落ちてしまったとしても相性が悪かったと割り切って次に進みましょう

STEP
オファー面談での情報収集で入社意志を固める

オファー面談は必ずしてもらいましょう。聞きづらいこともしっかり聞いて判断材料をそろえましょう

STEP
転職先を決めるor現職に残るかを決める

転職活動をしてやっぱり現職が良いなと思うこともあります。しっかりとどうすべきか考えましょう

別記事でこの10ステップについての詳細を書いているので、転職活動の始め方が分からないという方は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
20代の転職活動の始め方10ステップ【初めて転職をする人がやるべきことを解説】 初めての転職活動でどこから始めていいのか、準備してみたけどこれで十分なのかわからないといった不安がある人も多いのでは。 僕も初めての転職活動を20代前半で行いま...

転職活動を始める際に絶対に気を付けておきたいNG行動

転職活動中のNG行動とは

転職活動を始めてみようと思ったときにすぐ始めるのはちょっと待ってください。

このNG行動を理解しておかないと後々後悔することになるかもしれません。

転職活動をすることは社内の人間に話をしてしまうと、転職しようとしているのが上司に伝わり目の前に来ていたチャンスを逃す可能性があります。

絶対に転職するというのであれば最悪ばれても困らないかもしれませんが、現職に残る可能性があるのであれば転職活動はこっそりやりましょう。

また、現職に残る可能性があるのであれば、転職活動をして現職がおろそかになってしまうのもよくないです。

その他、転職活動中のNG行動を14個にまとめました。

転職の目的や達成したいことを明確にしていない
②求人に応募しすぎてしまう
③転職エージェントを使いすぎる
④職務経歴書に書きたいことを書く

⑤会社の同僚に話す
⑥企業研究をしない
⑦嘘をつく
⑧約束を破る
⑨面接で話しすぎる
⑩前職の悪口をいう
⑪逆質問をしない
⑫内定が出る前に退職する
⑬入社する企業を比較検討しない
⑭現職の仕事をおろそかにする

市場価値を測るためや本当に内定が出るのかを確かめていただけなのに、現職に転職活動がばれて転職しそうな人のリストに載ってしまうと出世やチャンスが遠のく可能性があります。

また、てきとうに転職活動をしていてもただの時間の無駄なのでしっかりと対策を練ったうえで行いましょう。

転職活動のNG行動のそれぞれの項目の詳細については別の記事で解説しているので良ければこちらも併せて読んでみてください。

あわせて読みたい
転職活動中にやってはいけない14のこと【成功確率が高まります】 転職活動にはこれはやってはいけないというNG行動があり、それを回避することによって内定確率を上げられます。 本記事では、私自身の転職活動経験やリサーチ内容をもと...

【まとめ】実際に転職しなくても、転職活動経験はしておこう!

実際に転職しなくても、転職活動経験はしておこう!

20代のキャリアをどう過ごすかは重要で同じ会社の中にいるだけだと転職市場でのあなたの価値がどうなっているのかが把握できません。

あなたの市場価値を測る方法のひとつが転職活動です。

実際に転職エージェントに相談してみることで

・どんな求人に内定ができそうか
・年収UPするため、やりたいことを実現するためにはどんなスキル/経験を身に着けることが重要か

などを把握でき、今後の目標も明確になります。

また、よい転職エージェントの担当者がいれば、半年に一度くらいでコンタクトをとり、直近の市場環境を把握したりいざ転職したいときにサポートしてもらえるような関係性を築いておくのもよいです。

別途紹介したスカウト型転職サイトに登録してオファーを確認するだけでも良いと思います。

転職活動を行うことによって市場価値を把握し、あなたのキャリアが良い方向に進んでいるか定期的に確認しましょう!

別記事で市場価値を確認する方法についてまとめているので良ければこちらも併せて読んでみてください。

あわせて読みたい
あなたの転職市場での価値はどれくらい?【マーケットに目を向けよう】 あなたはあなたが持っているスキル・経験が転職市場で評価されるかどうかを把握できていますか? 把握できていないと、転職できるのかどうかやこのままこの会社で一生働...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元ネット広告代理店勤務で現在はとあるサービスのWEBマーケ職。代理店から事業会社への転職経験をもとにブログを書いてます

コメント

コメントする

目次